ミソフォニア

ミソフォニアは特定の音を聞いたとき,反射的に強い怒りや不安に襲われる神経学的な病気とされています.

これについて,記事と以下のPDFにまとめます.
なお,私 (このページの管理人) もミソフォニアの当事者です.

T. H. Dozier『ミソフォニアの理解と克服』のまとめ等

【PDF】ミソフォニア ── Thomas H. Dozier “Understanding and Overcoming Misophonia” (Misophonia Institute) を中心に

ミソフォニア──Thomas H. Dozierを中心に

ミソフォニア──Thomas H. Dozierを中心に

ノートは主に文献
Dozier,T,H. (2017). Understanding and Overcoming Misophonia, A Conditioned Aversive Reflex Disorder Second Edition, Published by Misophonia Treatment Institute.
の内容に重点を置いています.
特に重要な点を要約すれば以下.
私を含め,ミソフォニアの当事者本人は大抵自覚していないけれど,トリガー音に対する否定的な感情が現れる前に,実は特定の筋肉の収縮のような身体の反応が起きていることが分かっており(!),これがミソフォニアの理解と治療の鍵となる可能性があります.
この仮説は奇しくも,一般に感情は先行する無意識的な身体の反応を脳が“感知する”ことで“生み出される”のではないかという,脳・神経科学的な見解とも整合しており,興味深いものがあります.
ミソフォニアは第 0 近似としては,トリガー刺激と身体的反応の条件付けとして理解できます.
標語的には,ミソフォニアは精神の病気というよりもむしろ肉体の病気である,と言えるでしょう──もっとも心身平行論の下では,あらゆる精神の病気はいずれも同時に肉体の病気でもあって,それらを区別することには最初から意味がないのですが.
なおこのような知見に基づくミソフォニアの治療法の有力な候補として,PMR (漸進的筋弛緩法)NRT (Neural Repatterning Technique) が挙げられます.
これらについてはノートの中で特に丁寧にレビューしてあります.

J. J. Brout『大人のミソフォニアの手引き』

【PDF】J. J. Brout『大人のミソフォニアの手引き』全訳

「過去5年間にわたって」(つまりちょうど私がミソフォニアを発症した頃から),ようやくミソフォニアの厳格な研究が行われるようになり(原文p.28),この点は希望が持てる.
また著者が筋弛緩法のミソフォニアへの応用を難しいと考えていること(原文p.55)も注意を惹く.
しかしながら著者が提案する実践も同じく,どれだけの効果が期待できるかは疑問の余地もある.それらはミソフォニアの完全な治療法・解決策ではなく,特にミソフォニック反応の瞬間に応用することが課題となることは著者自身も認めているところである.

*